生活を豊かにするにはキュウリの育て方を学んで自給自足を行うこと

家庭菜園でおすすめの野菜

家庭菜園を手軽に始めるには、初夏ごろから出回り始める夏野菜の苗を買って植えるのが良いでしょう。なかでも、キュウリの育て方は初心者でも比較的カンタン。たくさん収穫でき、料理に使って楽しめるおすすめの野菜です。

キュウリの育て方を学んで家庭菜園を始めれば自給自足の魅力がわかる

庭

家庭菜園が人気を集めている理由

屋外で土いじりをし野菜を育てることは、芝生の手入れ同様、気分転換やストレス解消になります。それ以外にも家庭菜園が人気の理由は、「鮮度抜群な野菜を収穫し食べることができる」のが一番でしょう。自宅の庭に家庭菜園があると、キュウリやトマトなどの野菜も必要なときに必要な分だけ収穫することができます。シソのような薬味も少量づつ収穫して使える利点があります。ほかにも、自分で野菜を育てていると愛着がわきます。キュウリの花が咲いて実がふくらんでいく様子は、それまで体験したことがなければ驚きがあるもの。親子で育てれば、子どもにもよい経験になるかもしれません。

家庭菜園にかかる費用と相場

家庭菜園にかかる費用は、それほど高いものではありません。たとえば、初心者がカンタンに始められる鉢やプランターにキュウリを植える場合、用土は40リットルで1400円程度。野菜用の大型鉢は1000円程度で買うことが出来ます。そのキュウリを苗から育てるとすると、苗は1ポット100円から500円くらいで購入することが出来ます。また、500グラム入りの化成肥料は数百円程度から購入可能。伸びたキュウリのつるを誘引するための2メートルの支柱は1本200円ほどで売られており、3本使ったとして600円くらいです。

合わせて読みたいおすすめ記事一覧

芝生

芝生手入れをするなら道具の準備をしてから行おう

芝生は刈り込みをするのが基本的な手入れであり、芝刈り機やバリカンとハサミがあれば行えます。美しさを保つためには頻繁に手入れをすることが大切です。メンテナンスしやすいように丁寧な整地を行ってから植えることも重要になります。

READ MORE
植木鉢

キュウリを美味しく頂くための育て方をしっかり学ぶ

家庭菜園の初心者に向けて、キュウリの魅力や育て方、準備するものをわかりやすくまとめました。また、キュウリ以外にも人気のある野菜類についても簡単に説明しています。

READ MORE

まずは始めてみることが大事

芝生の手入れのように、時期によって決まった作業があるキュウリ。野菜の育て方の本や、園芸の記事を読むと、大変そうに思えるかも知れません。しかし気軽に始めてみれば、実際はそれほど難しいことではないことに気づくでしょう。毎日成長するキュウリの様子を見て、水やりし手入れをしていれば、ほとんどの場合実をつけ収穫できるようになります。

キュウリの育て方で気をつける5つのポイント

キュウリは健康そうな苗を選ぶ

病気や虫のついていない、しっかりした苗を選ぶことが大事です。茎がひょろひょろ伸びているものは避け、色が鮮やかで、茎が太いものが良いでしょう。

茎を支える支柱を立てよう

植えつけたら1週間くらいで根が張り、つるも伸びてきます。そのころ倒れないように支柱を立て、つるを誘引します。ドンドン伸びるため早めに立てると良いでしょう。

最初は早めに収穫をしよう

株が成長中でもキュウリの実はなります。株をいたわるため最初の3個くらいは長さ15センチくらいで収穫。それ以降は、20センチくらいで収穫します。

水をたっぷりあげよう

夏は用土が乾きやすいものです。そのうえキュウリは、水を良く吸う植物。水をたっぷりやる必要があります。特に真夏は土が乾かない工夫もしましょう。

支柱いっぱいに伸びたら摘心

つるの先端が支柱の上になったら、そこで切り止めます。そして脇枝を伸ばすようにして育てると枝の数が増えます。高くなりすぎないほうが、収穫もしやすいでしょう。

広告募集中